〒310-0036 茨城県水戸市新荘1−4−8
TEL. 029-221-3973   FAX.029-221-3975access.html
 

2017年度事業計画 年間聖句・前文

top.html
shuukaiannai.html
牧師紹介bokusishoukai.htmlbokusishoukai.htmlshapeimage_4_link_0
教会の歴史kyoukainorekisi.htmlkyoukainorekisi.htmlshapeimage_5_link_0
アクセスaccess.htmlaccess.htmlshapeimage_6_link_0
活動報告katudouhoukoku/katudouhoukoku.htmlkatudouhoukoku/katudouhoukoku.htmlshapeimage_7_link_0

MINISTERS : All Members of the Church.

photoPhotos.htmlPhotos.htmlshapeimage_8_link_0
ようこそ水戸教会へhttp://www.seikougakuen-n.or.jp/seikougakuenhoikubu/Top.htmltop.htmlshapeimage_9_link_0

〜2017年度 年間聖句〜

「実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」

ルカによる福音書17章21節

教会定期総会決議に基づき2017年度はこの御言葉に生き、この御言葉を実践する関係性を作り上げていく所存です。

今週のメッセージservice2/service2.htmlservice2/service2.htmlshapeimage_10_link_0

日本基督教団水戸教会 2017年度事業計画

前文

  2017年度の教会定期総会を迎えられますことを、主にあって感謝いたします。

 熊本・大分地震から一年が経ちました。まだ一年です。しかし既に久しく前から、復興の様子や課題についての情報がほとんど私たちに届かないのはなぜでしょうか。思えば東日本大震災の被災地や原発事故の収束状況についても、あまり報道はされていません。問題点がほとんど報じられないということでいえば、沖縄に集中している在日アメリカ軍基地の問題も同じです。沖縄県民は、森や海を破壊し新たなアメリカ軍基地を造ることへの否を民意として示しました。その声を圧殺してまでも強引に進めなければ立ち行かないのが国家であるならば、その中では誰もが国のために生活を・いのちを犠牲にする覚悟を持つよう求められていることになりやしないでしょうか。まさにそうした意識を子どもたちに植え付けることにかつて寄与した教育勅語が取りざたされたのは、決して偶然ではないと思います。いくつかの法改正や整備を含め、軍靴の音高まる時代の再来を危惧する声があがっているのも今だからです。

 しかしそのただ中にあって教会は、神の国の到来を信じ待ち望む者たちの集まりです。しかも福音書によればイエスが「実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」(ルカによる福音書17章21節)と言われたように、私たちの間のつながり・交わりによって神の国を先駆けて実践し歩む群れなのです。そうです。強大な軍事国家であったローマ帝国と、それに甘んじることで何とか体面を保っていたイスラエル国家との二重の支配にあえいでいた一人ひとりとイエスご自身が出会われたように、私たちも出会っていく。押しつぶされようとしている小さな声に寄り添い共に生きる道を探る中に、神の国の到来の希望を見出していく。それが今もなお私たち教会の務めであることを思うのです。今の世にあって、イエスの歩みと生き様を今に受け継ぎ、小さな出会いを誠実に重ねつなぎ合わせながら、神の国の栄光と平和を先取りする私たちでありましょう。