〒310-0036 茨城県水戸市新荘1−4−8
TEL. 029-221-3973   FAX.029-221-3975access.html
 

第2礼拝 < 集会案内

 毎週 日曜日 午前10時20分〜午後11時30分頃  於・礼拝堂






















ようこそ水戸教会へtop.htmltop.htmlshapeimage_3_link_0
集会案内shuukaiannai.htmlshuukaiannai.htmlshapeimage_4_link_0
牧師紹介bokusishoukai.htmlbokusishoukai.htmlshapeimage_5_link_0
アクセスaccess.htmlaccess.htmlshapeimage_6_link_0
教会の歴史kyoukainorekisi.htmlkyoukainorekisi.htmlshapeimage_7_link_0

毎週礼拝後にはお茶を飲み歌を歌い、自由に歓談する「交わりの時」があります。

〜 2017年度 日本基督教団水戸教会 事業計画より抜粋 〜

 土日が「週末」と呼ばれて久しいですが、キリスト者にとっての日曜日はイエスの復活を覚え祝う「週の初めの日」(マタイ28:1)です。暦は古今東西、支配者の権威を示すものです。だからこそ日曜日から始まる一週間が、他の誰でもない復活の主の光に照らされた恵みの日々であることを繰り返し覚えていけたらと願うのです。何より集えばここには声を合わせて賛美する信仰の友がいます。そして健康のことや家族のこと、お仕事などそれぞれ諸事情でどうしても礼拝に集うことのできない信仰の友を覚える祈りがあります。この祈りの交わりの中で生かされていることを、礼拝に集うことのできなかった一人ひとりもそれぞれの場で感じることができる〜そのような礼拝を守ることができたらと思います。そのようにして週の初めの礼拝が私たち一人ひとりに慰めと希望を与え、一日一日を生きていく力を与えられる時となりますように。

 同時に礼拝によって証される私たちの交わりの輪は教会員や地域だけに留まらないことを、聖書を通して示されていきましょう。2千年前のパレスチナでそうであったように、復活のイエスは今も不当に苦しめられている一人ひとりに寄り添ってくださっていることを信じる群れとして、地の塩・世の光としての働きを見出していく礼拝となればと願っています。

〜中略〜

 未受洗者への聖餐カード、折りにふれての訪問聖餐は、大切なこととして引き続き実施していきます。礼拝前の讃美歌練習も、声を合わせ賛美することの大切さを基本としながら継続していきます。その他、第2礼拝の礼拝式文の再確認や検討も、以前より出ていた言葉にならない内なる祈りを静かに祈り合わせる黙想の時を加えたらどうかなどの提案などについても第1礼拝の式文同様、あわてずゆっくりと継続課題としていきます。

 教会ホームページへの礼拝音声については、毎週編集したもの(前奏・讃美歌抜粋・聖書朗読・メッセージ・祝祷・後奏)を掲載しています。これまで同様、その時・その場にあって語られる神の御言葉を伝え分かち合い応答するメッセージを、音声だけ一方的に発信することには限界があることをわきまえつつ、諸事情で集うことのできない方々と礼拝を分かち合う一つの手段として、あるいは新しい方々への招きの声として活用していけたらと願っています。





活動報告katudouhoukoku/katudouhoukoku.htmlkatudouhoukoku/katudouhoukoku.htmlshapeimage_8_link_0
photoPhotos.htmlPhotos.htmlshapeimage_9_link_0
今週のメッセージservice2/service2.htmlservice2/service2.htmlshapeimage_10_link_0